頻尿は女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)に多いといわれていますが、一体なんでなんでしょうか。 頻尿(神経性頻尿や過活動性膀胱、泌尿器系の臓器の疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因で起こることもあります)が女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)に多い理由は、以下の通りでしょう。 ・尿道が短い ・便秘 ・ストレス ・更年期障害 ・筋肉量の少なさ 女性に頻尿が多い理由としては一番大きいのが、尿道の短さです。 男性と比べると、女性の尿道の長さは4分の1と圧倒的に短く、尿が出やすいつくりになっているため、ちょっとしたことで尿が出てしまいます。 また、尿道に細菌が入りやすいので、膀胱炎になってしまう可能性が高いというのも、女性に頻尿が多い理由みたいです。 それに、女性は便秘になりやすいため、便が膀胱を圧迫してしまい、尿意を感じやすいです。 さらに、若い女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の中には、過度なストレスを感じることで頻尿(夜に起こる場合には、夜間頻尿ともいいますね)になるという事もあるかもしれません。 そして、更年期障害になると、エストロゲンが減少し、膀胱などが萎縮してしまいます。 その結果、頻尿(過活動膀胱が原因のこともあるようです)になると言うところも多いです。 それから、男性よりも筋肉量が少ないせいで、骨盤(歪んでしまった骨盤を矯正するためのグッズがたくさん売られています)底筋という排尿をコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)する働きを持つ筋肉が弱いのも、女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)に頻尿が多い人気の理由の一つだといえます。 このように、女性が頻尿になりやすい理由はたくさんありますー